Core/Unit Introduction

コア・ユニット紹介

未来社会創造研究コア

バイオイノベーティブデザインユニット

バイオイノベーティブデザインの研究開発

研究分野:設計工学 バイオメカニクス 最適設計 材料力学

キーワード:設計工学 バイオメカニクス 最適設計 計算力学 繊維材料 材料力学

ユニットリーダー / 教授

坂本 二郎 SAKAMOTO Jiro

Researcher ID
研究者情報

若手PI / 助教

茅原 崇徳

CHIHARA Takanori

Researcher ID

研究者情報

Research Content

 自自然界の中でも特に,生物形態に模倣した設計技術の研究開発の重要性は古くから指摘されていますが,機械設計への応用が未だ成功しないのは,そのスケールや負荷条件の違いにより直接的な模倣が困難なためと考えられます。本研究開発ではこの困難を突破し,生物構造の優れたデザインに着想を得て革新的な機械構造を設計するための「バイオイノベーティブデザイン技術」を開発し,産業への応用展開を行います。
 バイオイノベーティブデザイン技術では,①生物形態のデータベースを活用した設計上流部における構造デザイン技術の開発,②データベースを活用した最適設計技術の開発,③組紐技術による複雑構造部材の設計・製造法の開発,を統合した設計・製造法の開発を行い,軽量化・高強度化のトレードオフの関係をブレイクスルーする新たな設計法を提案し,機械工学設計における全方位的なイノベーションを目指します。