Core/Unit Introduction

コア・ユニット紹介

がん進展制御研究コア

先進がんモデル研究ユニット

新たながん遺伝子改変モデルマウス,患者由来がん組織移植モデルマウスの開発と研究

研究分野:がん がん医科学

キーワード:がん がん幹細胞 がん遺伝子 がん分子標的薬

ユニットリーダー / 教授
がん進展制御研究所

後藤 典子 GOTOH Noriko

Researcher ID
研究者情報

若手PI / 准教授
がん進展制御研究所

Voon, Dominic Chih-Cheng

Researcher ID

研究者情報

Research Content

先進がんモデル研究概略図
GEM(Genetically Engineered Mouse)は,がんの原因となるドライバー遺伝子の変異をマウスのゲノムに人工的に入れることにより,がんを発症させるモデルである。
PDX(Patient-Derived Xenograft)は,ヒトがんの組織から得られたがん細胞をそのまま免疫不全マウスに移植することにより,ヒトがんをマウス体内で再現するモデルである。

 近年,遺伝情報を超高速で解読する技術が進み,がん患者から採取されたがん細胞に刻まれた,異常な遺伝子を効率的に突き止められるようになりました。その異常な遺伝子を持つマウスを作製すると,そのがん患者のがんと類似した特徴を持つがんが発症しますが,現在では,がん患者の組織をそのまま生着・維持できる超免疫不全マウスも作製されています。本研究ユニットでは,これら“先進がんモデルマウス”を作製し,がんの本態解明や治療研究に革新をもたらし,「この薬はマウスのがんには効いたのに患者では効かなかった」といった時代から,「このモデルマウスで効いたなら患者で効くはず」,という時代への移行を目指します。