achievment

研究実績・成果

プレスリリース 数理モデルを使って遺伝子ネットワークに隠された新しいメカニズムを発見

新学術創成研究機構 革新的統合バイオ研究コア 数理神経科学ユニット 佐藤 純 教授,北海道大学 電子科学研究所の 長山雅晴 教授,九州大学大学院 医学研究院の 三浦 岳 教授らの共同研究グループは,脳の形成過程において長距離性の情報伝達因子であるEGF(※1)と短距離性の情報伝達因子Notch(※2)の協調作用に注目し,数理モデリングを活用したコンピューターシミュレーションの結果を実験的に検証することによって,Notchの働きがEGF存在下では大きく変化することを見出しました。

EGFとNotchの協調作用は大脳皮質の形成過程における神経幹細胞(※3)の分化(※4)や,肺がん・乳がんの発症過程においても重要な役割を果たしていると考えられることから,本研究によって明らかとなった遺伝子ネットワークの動作機構,およびその正確なシミュレーションを実現する数理モデルは今後それら様々な生命現象の研究に対しても応用できると期待されます。

本研究成果は,米国科学誌 Proceedings of the National Academy of Sciences のオンライン版で2016年8月17日(米国東海岸標準時間)に掲載されました。

本成果は,科学技術振興機構(JST)CREST「生命現象における時空間 パターンを支配する普遍的数理モデル導出に向けた数学理論の構築」(研究代表者:栄 伸一郎),JST さきがけ,科学研究費補助金,物質・デバイス領域共同研究拠点,積水化学「自然に学ぶものづくり」,旭硝子財団などの援助によって得られました。


※1 EGF (上皮成長因子)
   分泌性・拡散性のタンパク質で,産生された領域から離れた場所において様々な作用を及ぼす。
※2 Notch
   側方抑制のシグナルを受け取る受容体(タンパク質)であり,分化細胞に隣接する細胞の分化を抑制する効果を持つ。
※3 神経幹細胞
   脳において多数の神経細胞を産み出す特殊な細胞で,上皮細胞から分化する。
※4 分化
   細胞が何らかの特徴的な性質を獲得する過程を「分化」という。神経幹細胞は上皮細胞から分化するが,平面上に配置された上皮細胞があたかも波が伝播するように一列ずつ順番に分化するため「分化の波」と呼ばれる。



suurimodel


詳しくはこちらのWebサイトをご覧ください。

・金沢大学トップページ > 研究トピック
・米国科学誌 Proceedings of the National Academy of Sciences
新学術創成研究 機構革新的統合バイオ研究コア 数理神経科学ユニット